新座市社会福祉協議会へようこそ サイトマップ トップページ
ごあいさつ
社協だより
地域福祉・支部活動
ボランティア
各種事業紹介
介護保険・支援費
共同募金
放課後児童保育室
もっと知りたい社協のこと
地域福祉活動計画
東部第1地域包括支援センター
福祉推進への提案箱
リンク集
トップページ
ふれあいネットワークイメージ
社会福祉法人
新座市社会福祉協議会
〒352-0011
新座市野火止1丁目9番63号
(新座市役所第三庁舎)
TEL 048-480-5705
FAX 048-481-3488
E-mail
somu@niizashakyo.or.jp

 

ボランティア

文字を拡大・縮小できます→

ボランティアセンターにいざボランティアセンターだよりボランティアをしたいボランティア保険ボランティア講座・福祉体験学習登録ボランティアグループ新座市社協ボランティア団体協議会災害ボランティア掲示板

地域支え合いボランティア

カテゴリトップ

【ボランティアをしたい】

ボランティア活動を始めるには、どうしたらよいでしょうか…。
まずは、活動をやってみようという気持が大切です。
ボランティアセンターはボランティア活動をやりたい人と必要としている人をつなぐパイプの役目を担っていて、活動の紹介や情報の提供をしています。


活動を始める前の心構え

1 できることから始める
小さなことでも細く長く無理をしないで続けましょう。
2 謙虚さを忘れずに
思いやりと思い上がりは違います。
3 約束、秘密を守る
自分勝手の気ままな活動ではありません。約束や秘密を守ることは信頼につながります。
4 相手のニードに合わせて
相手の立場を理解し、ニード(要望)に合わせて活動しましょう。
5 記録をとり、活動を点検する
活動には波があり相手のニードも変わります。定期的に活動を点検し話し合いましょう。
6 学習も大切
研修や講習会にも参加し自分を成長させましょう。
7 家族の了解と協力を得る
家族や職場など、周囲の人たちのあたたかい理解があって続けられるものです。


【ボランティア相談】

月〜金曜日午前8時30分〜午後5時まで(祝日はお休みです。)
市役所第三庁舎社協ボランティアセンター窓口にて

  • ボランティア活動をしたい方の相談や紹介をしています。また、ボランティアを必要とする方や施設からの相談や紹介もお受けします。
     

このページの先頭へ
 

【受け入れ施設一覧】

 「ボランティアをしたいが、どのように始めたらいいかわからない」、「機会があったらボランティアをしてみたい」という方のきっかけづくりとして「彩の国ボランティア体験プログラム」を実施しています。
 特に7月、8月は学生の皆さんが夏休みを利用してボランティア活動できるように、保育園、高齢者、障がい者などの施設を中心にした数多くの体験プログラムをご案内しています。
 夏期以外でも年間を通してボランティアを受け入れる施設もありますので、ご興味のある方はご参照ください。

 [平成30年度彩の国ボランティア体験プログラム(新座市内メニュー一覧)]
   
   

↑詳しくは、こちらをクリックしてください。チラシのPDFになっております。
彩の国ボランティア体験プログラム
夏休み期間中にボランティアをやってみよう!


受付開始
平成30年7月2日(月)から随時
平日の午前9時〜午後4時

申込場所
新座市社会福祉協議会

参加条件
・原則として3日間以上参加できる方
 (連続でなくても可)
・ボランティア活動保険加入(保険料350円)
・オリエンテーション、活動の振返り買いに参加できる方

オリエンテーション
@平成30年7月22日(日)
 午前10時〜午前11時30分
A平成30年7月23日(月)
 午後4時〜午後5時30分
※@かAのどちらかの日程にご参加ください。

活動の振返り会
平成30年8月24日(金)
午後1時30分〜午後3時30分

※3日間以上の活動、活動の振返り会の全日程に参加した方に終了証を差上げます。
 
このページの先頭へ
 
  Copyright:(C) 2004 Niiza City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.